主任

日下部 耕太(くさかべ こうた)

生年月日1984年10月

出身地

東京都三鷹市

現住所

東京都杉並区

趣味・特技野球・スキー

私のMotto

素直でいる

日下部

この度は私の紹介ページをご覧頂きありがとうございます。

はじめまして、東京マイホーム計画の日下部耕太と申します。

簡単ではありますが、私が不動産販売業の職に就くことになった経緯を、実家のマイホーム購入エピソードを絡めて紹介させて頂きますので、お付き合いください。

私が高校を卒業したての12年前、インターホンが鳴ったのは強い雨降る梅雨真っ只中、現在では非常識だと怒られてしまいそうな夜の21時前でした。ドアを開けると、謝りながらも笑顔の男性は一通の封筒を渡してくれました。そうです、その方は我が家の住まい探しのお手伝いをして頂いた不動産販売の担当の方でした。我が家の住まい探しは、希望沿線の駅徒歩10分以内で平坦、南道路、駐車場付、近隣に公園あり・・・等々、今の立場では泣いてしまいそうな条件でしたが、それらをいつも絶やさぬ笑顔で聞いて頂いていました。「妥協せずにゆっくり探しましょう」、そう言って物件を巡る日々でしたが、なかなか出てはこない条件だったため、我が家は少し諦めモードになっていたのは確かでした。そんな中で、いつもだとまずは電話で新しい物件情報を伝えて頂いていたのが、その時ばかりは突然に、また道が混んでいたからとのことでわざわざ自転車を漕いで来られ、「少しでも早く伝えたかったもので・・・」と言って図面だけ置いて帰られました。雨に濡れないように2重の封筒、さらに中の紙はクリアファイルに入れられていた気遣いの精神は、私も見習うべきことだと心に残っています。結果、その日に持って来て頂いた物件が、現在も住み続けている実家になります。決まった時は、その担当の方が我が家以上に喜ばれていたように思います。

私の中でその出来事はずっと鮮烈に残っていて、前職の家電量販店やホテルフロント業といった一過性で終わってしまう接客業から、時間をかけて出来る販売業に転職を考えた時、真っ先に浮かんだのは上記の出来事で、私が住宅販売業界に足を踏み入れるきっかけとなりました。求めていた接客、時間をかけてお客様との信頼関係を築く職業、最終的にこの人から買いたいと思って頂けるよう努力する、私がまさに目指したいと思っていたことだったからです。

私自身まだまだ未熟者ですが、ご担当させて頂くお客様に笑顔でご購入頂き、喜びを共有させて頂けるよう、妥協せずにじっくりとご対応させて頂きたいと思っておりますので、細かいこだわりまで何なりとお申し付けください。